読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

03. 「ひなフェス」、そして「SATOYAMA & SATOUMIへ行こう2017」

 

 

 ハロプロは1年中、色々なイベントをやっているようでして。

 何をやっているのかな、と、時折、ハロープロジェクト公式サイトの「コンサート&イベント」の項目を見てみるのですが、もうね、アルファベットがまるで頭に入ってこないんですよね。 アルファベットを読む時って頭の中でひと手間多くなるせいなんですが、このね、ひと手間がね、なかなか大変なんですよ。30歳だから。

が、

「ひなフェス」。 

これこれ、こういうやつ。こういう覚えやすいやつ、私いいと思います。

 さて、「ひなフェス」は毎年3月に催される、ハロープロジェクト全体のお祭りコンサート、とのこと。 今年は先週末に千葉県は幕張メッセにて開催されておりました。 まあ、チケット取れなかったんですけど。

 …… あの、うすうす感づいてはいるのですが、チケット取るの、結構…… 難易度高いですよね? 私も一応、発売日にチケットを取りに行ったんですよ。 一応ね。 でも昼にはもう無くて。 なめてんじゃねーぞってお叱りを受けるかもしれませんけど、過去のオリコンの記事を見ると、ひなフェスの動員て約2万人らしいじゃないですか。 延べ人数とは思いますが、2万っていったら、全国のセブンイレブンの数より多いの。 全国のセブンイレブンが詰めかけても余りあるの。 まさか数時間で全国のセブンイレブンが集合するとは思わなかった。 普段行くところと言えば、映画館か小さい芝居か寄席か、ってくらいの私にはハロプロイベントのチケットを取るのはまだまだ難易度が高いようです…… ファンクラブに入れば取りやすいということなので、機会があれば入ろうかな、と思いました。

 まあ、そんなわけで、ひなフェスのチケットは取れませんでしたが、友人が教えてくれた同日同場所開催の「SATOYAMA & SATOUMI(さとやまあんどさとうみ)へ行こう2017」というイベントに今回伺いましたので報告します。 こちらはチケット不要、入場無料とのことです。

 

r.helloproject.com

毎年3月に催されているコンサート。

 

www.satoyamamovement.com

行ってきたイベント。

 

 「SATOYAMA & SATOUMI(さとやまあんどさとうみ)へ行こう2017」パンフレットより、イベントのあらましはこちら。

f:id:sysnsys:20170401181103j:plain

 なるほど! “ SATOYAMA & SATOUMI ” の部分がアルファベットなのは若者向けだからですね! ですが、「子供たちを、思いっきり遊べる環境で育てる。」というくだりから、そこそこ大人でも若い人として認定してくれているようです。 若い衆ってやつね。

 この文面ですと、田舎暮らしをスマートに始めよう、みたいな趣旨が見受けられますが、どちらかというと地方の産業を知ってもらおう、という内容が強く出ていたように感じました。 あとは環境保護に関する投げかけとか。

 ざっくり言うと、このイベントは環境保護活動や地域活性化を推進する目的が根底にあって、それをアップフロントのタレントがPRしていくという…… うん、、正直、国や地方自治体の名前もあったのでパッと見でどこが企画しているのか分からず、うさんくさいイベントだな…… とチラッと思ったんですが、これ普通にアップフロントが企画しているんですね。 つまり、環境保護活動や地域活性化を支援するために、まずは手の届く範囲、自社のタレントのファンにPRしていこうという…… あれ、なんかわりかし素晴らしいイベントじゃないですか。  素直に考えてアップフロントCSRってことっすね。 そういえば牧場とかやってましたし、その流れかな。

 このイベントの良いところは、ただ出展者に場所を貸すだけではなく、きちんと出展者と来場者を結びつける工夫が考えられていたところです。 常連の方はもう少し知っているかもしれませんが、とりあえず3つ挙げてみます。このイベントの企画を考えた人物は、なかなか愛のある方のようですよ。

 

 

アイドルが商品を手売りしてくれる

 まずインパクトがあるのはこれでしょう。各ブースにハローのメンバーが不定期で登場して、その場に居合わせた人にブースの商品などを売ってくれたり、手渡ししてくれたりするという趣向です。

 自分の好きな子が売ってくれるならそりゃ買うよな…… 何かを売るために一番必要で最も難しい部分、「手にとってもらう」ってとこをクリアする手段として、こんなん最強じゃないですか!!!

ズルいよ!!!!!

 

写真撮影、ビデオ撮影OK!スマートフォンなどの簡易機器に限り)

 撮影がOKならば、来場者はアイドルを撮るでしょ。そこに商品が写ったり、動画だったらブースの内容を紹介している声が入ったりする。それがTwitterで流れてくるのを見ましたから、これはきっと来場出来なかった人にも出展者の情報が届きますように、という配慮なのでしょう。

なんだよ……粋なことするじゃん!!!!!

 

 出し惜しみなく、自社の持ちうる限りのカードを切ってくる感じ…… すがすがしいですね。公開されてたらアップフロントの株買ってた。

 しかしこれだけじゃない。

 

クイズラリーとスタンプラリー

 各ブースに三択クイズが掲示してあり、それを解くと特典があるというもの。

 今回はクイズラリーを制覇すると、最後のスタンプまでの道が開かれるというシステムでした。 この三択の問題っていうのが結構難しくて、出展者の方とお話ししたり、教えてもらってやっと分かるんですが、この際に出展者の方は来場者にPRするチャンスを得ることができるっていう寸法ですね。 これもなかなかに気の利いた工夫だと思います。 実際私も出展者の方とお話ししましたが、みなさん丁寧に接してくれて、知識も増えたし楽い時間でした。 ブースのおじさんも答えが分からなくて一緒に考えてもらったりとかしてね。 ただ時間的にのんびりひとつのブースにいるわけにもいかないので、最後の方は駆け足になって、パンフレットをもらうだけとかになっちゃったりしたのがちょっと自分的には残念だったかな。

 

 こんな感じで、来場者が真面目に参加すれば、あとは、来場者の層がまあまあ偏っているということに目をつむれば、出展者へのメリットは大きいイベントなのではないでしょうか。 

 

f:id:sysnsys:20170330070425j:plain

会場のようす。(クイズに夢中で写真を撮るのを忘れていたため終わりぎわ)

 

ゲットした冊子やものなど

f:id:sysnsys:20170330074427j:plain環境系。

f:id:sysnsys:20170330074438j:plainいろいろガイド系。

f:id:sysnsys:20170330074448j:plain木や海苔系。

f:id:sysnsys:20170330075338j:plainウマミイ。

f:id:sysnsys:20170330075720j:plain辛そうなカレーと一緒に売っていた木のバッジ。

f:id:sysnsys:20170330074729j:plain花丸をもらい、バッジをもらった生命(いのち)のにぎわいクイズ。これは大人がやってもよかったのだろうか。

 

 どうでもいいんですけど、私のお気に入りは環境省の、アヒル隊長なるキャラクターです(なぜならかわいいから)。 紹介しておきますね。

 

f:id:sysnsys:20170330072705j:plain

↑この黄色いのがアヒル隊長です。

 

f:id:sysnsys:20170330071922j:plainブースの付近を何度もウロついていたために、断りきれずに2部貰ってしまった冊子。 シールもくれました。

 

f:id:sysnsys:20170330071204j:plain日本の自然がなかなかタイヘンであることを訴えるアヒル隊長。

 

f:id:sysnsys:20170330071446j:plainそうだね。

 

 

 

 とここまでの内容ですと私はただ千葉の物産展に行っただけの人になっちゃってるんですけど、

 

ラジオの公開録音をきいてみたり

f:id:sysnsys:20170330080746j:plain

 

 

こぶしファクトリーの広瀬さんからカレーを買ったり

f:id:sysnsys:20170401203535j:plain

 

 あとはメンバーとすれ違ったり、人垣の中からちらっと見たり、ちゃんとアイドル関連イベントっぽい経験もしてきました!

 上記のカレーは完全にたまたま居合わせて、折角なのでと買ったのですが、年替わりで出しているこのイベントのオリジナルカレーとのこと。 売り子をしていた広瀬さんに関する私の知識はハロプロ運動会のDVD(Hello! Project DVD MAGAZINE vol.52)で、籠背負いダンス(私が勝手に形容している動作)をしていた子、というものしかなかったんですけど、いやね、めっちゃ可愛かった。 うん、、アイドルなんだから当たり前なんですけど。 よく対面した時の感想で “ 眩しかった ”とかあるじゃないですか。 ありきたりでつまらない感想を言いやがって、と思ってた。これ、本当だった。みんな事実を述べていただけだったんですね…… マジで発光してましたもん。  眩しすぎて全然顔覚えてないし、どちらかというと一緒に立ってたスタッフの女の人の顔の方が正確に思い出せるってかんじ。

 行く前はハローのメンバーを間近で感じられることを目的としている人も多いという印象だったものの無料のイベントということで人も多くて、まー、言ってもそんなん無理やろそれより珍しい缶詰があったら買って帰るかくらいの気持ちで行ったのですが本当にそんなイベントでした。 ちょっとびっくりです。 そして缶詰はありませんでした。

 缶詰はなかったものの楽しいイベントでしたので行かれなかった方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 その際は是非出展者の方と触れ合ってみてください。 若干、手持ち無沙汰にしている方もいたので…… 突如出展者のおじいちゃんが奏で出した、笛の音色が切なかったです。 鳴っていませんでした。

  以上里山里海のイベントに行った人のブログでした

 

 

f:id:sysnsys:20170330082825j:plain

f:id:sysnsys:20170330082827j:plain

 

終わり